睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)とは?

気道の閉塞などが原因で、睡眠中に何回も呼吸が止まる病気です。 日本では200~300万人の潜在患者さまがいるといわれています。

  • 大きないびきをかく
  • 日中に眠い
  • 睡眠中に呼吸が止まっていた
生活習慣病との合併

高血圧、脂質異常症、肥満症、糖尿病などの生活習慣病との合併が知られています。 夜間の低酸素は心臓や脳の血管に負担をかけ、不整脈や突然死のリスクとなり循環器疾患、脳血管障害の原因になります。

治療方法

適切な治療を行うと、日中の眠気や倦怠感などの症状が改善するだけでなく合併症を予防したり、改善することができます。 軽症の方は生活習慣の改善により症状が改善、なくなることがあります。

気をつける習慣
  • タバコがやめられない

  • お酒が好きで、寝る前のお酒が習慣化

  • 太り気味。暴飲暴食してしまうことがある

  • 高血圧、糖尿病、高脂血症などの既往がある

※CPAP(Continuous Positive Airway Pressure)

中~重症の方は鼻マスクによるCPAPという治療法があります。 鼻に装着したマスクから空気を送りこむことによって、 ある一定の圧力を気道にかける方法で気道の閉塞を防いで無呼吸をなおします。

検査は簡単に可能です
  • 1、簡単な問診・アンケート

    日中の眠気、 生活習慣に関するアンケート

  • 2、自宅での簡易検査

    ①気流センサー 口鼻からの気流を測定し、無呼吸や呼吸が 弱くなった状態(低呼吸)がないか調べます。 ②動脈血酸素飽和度(SpO2) 血液中の酸素濃度の目安を%で表示します。 換気が悪くなると、酸素濃度が下がり、体に 悪影響を与えます。

  • 3、診断

    無呼吸や低呼吸の重症度がわかります。 さらに詳しい検査が必要かどうか わかります。 早期にCPAP治療の導入を必要とする 場合があります。