当院について

これからのビジョン、私たちの理念

今後のビジョン(理念)として、4つの約束を描いていきます。 このビジョンは当クリニックが今後も最良な適切な医療を、持続性を以って提供していくために描いていく情景です。

医療の約束

「誰のための医療であるのか」を信念とした医療機関であること
職員一同研鑽を行っていきます。
当クリニックは皆様に以下の約束を信条に集まった集団です
皆さまが真砂クリニックがあって良かったと思われる医療機関になることを約束します。

職員に対する約束

職員に愛され、生活と共にある医療機関であること
職員は、当クリニックにとって大事な人財であります。
患者様、ご家族関係者様、地域の幸せを提供する前提として、職員の幸せを追求し一人一人の職員を大事にする医療機関を目指します。

次世代に対する約束

地域において雇用を提供しつつ、地域の養育・教育支援を行う医療機関であること
私たちは、医療を通じて地域の養育・教育支援にも取り組んでいきます。
また、雇用している職員の更なる職業的技術の向上と、次世代を担う職員への教育・資格取得のため、専門職教育を受ける権利を 援助支援していきます。

社会に対する約束

医療機関であり、医療者の集団として社会の問題に取り組みます。
事業を通じて社会への解を生み出します。
たとえ小さな解であっても、地域、行政と共に大きな協働への取り組みを行います。
地域での小中学校、患者様向け・ケアマネ様向け、訪問看護ステーション様向け、地域包括様向けなど、様々なニーズに対応し、 医療当クリニックとしての社会に貢献することを継続的に実践します。

私たちの信念(credo)

当クリニックは皆様に以下の約束を信条に集まった集団です

①高齢社会に対しては、
「誰もが向き合う老いは決して怖いものではない社会」
「人生の終焉は本人の望む形で迎えるのがもっと当たり前になる社会」
②生まれてくる子供たち、子育て中の世代家族には、「様々な家族が笑顔溢れる社会」
③そして、全ての人への
「全人的医療の実現」「最大幸福のために真摯に向き合う良き仲間であれ」
をもっと当たり前であることを実現するため、医療を通じ社会問題を解決する集団として活動します

私たちの組織

個の能力に頼らず、組織として最大利益享受者が患者様やご家族様であるように問題解決をします。
これをTransactive memoryといいます。
1人の医療者が全てを出来ることは限度があることを理解し、当クリニック内や連携組織の中で「誰が」「何を」得意としているのかという情報を把握する事を重視することで、患者様、ご家族、関係者のみなさまにとって最大幸福を追求します。

私たちの戦略(strategy)

医療機関としての事業を通じて社会問題に解決策を導く
ICT、IoMTなど革新的な技術を用いて社会問題に立ち向かう
同じ方向性を持つ仲間(行政団体、地域)と共に大きな協働の輪を拡げる
事業の継続性を担保するため、健全な経営を行なう

私たちの行動指針

私たちは次の4つを行動指針として事業を展開します。
医療従事者である前にまず人たるべきと考えています。

①誠実であるとともに強固な論理原則を維持できる資質
②理屈に合わないことに対して不快感を持つ資質
③協力することに対して快感を持つ資質
④相手の心の中身を推察する資質

以上により地域への貢献を担う医療機関であり続けることを信条に努めます